今月のトピックス

■ ETCカード取扱手数料・年間カード盗難保守サービス料

■ 車両制限令違反に対する措置について

■ 阪神高速道路の車両不一致走行について



ETCカード取扱手数料・年間カード盗難保守サービス料

毎年4月1日時点でお持ちのETCカードについてETCコーポレートカード取扱手数料・年間カード盗難保守サービス料を請求させていただきます。

車両制限令違反に対する措置について

高速道路6社※は車両制限令違反の更なる抑止を目的として、違反者に対する割引停止措置等の実施について統一的な運用を実施しております。しかしながら、重量超過等の違反が後を絶たず、道路を著しく劣化させる要因となっております。
そのため、道路構造物の保全、道路法令違反抑止及び安全走行の啓発を目的として、違反車両に対する徹底した指導取り締まりと合わせ、車両制限令違反者に対する割引停止措置等を見直すこととなりました。
つきましては、下記のとおり平成29年4月1日(土)から施行いたします。
※高速道路6社:東/中/西日本高速道路(株)、首都高速道路(株)、阪神高速道路(株)、本州四国連絡高速(株)

※NEXCO西日本ホームページ http://www.w-nexco.co.jp/safety_drive/specialcars/

阪神高速道路の「車両不一致」走行について

平成28年10月1日より、ETCコーポレートカードに表示された車両以外で阪神高速道路を利用された場合、「車両不一致」となり、大口・多頻度割引制度が適用されません。
今後はNEXCO管轄の高速道路だけでなく、阪神高速道路についても車両不一致走行に対して割引停止措置が適用されます。なお、不正走行、不適当行為並びにカード不正貸与等についても同様に割引を適用しない場合がありますのでご留意ください。詳細につきましては、下記の通りとなります。

ETCカードの適正な利用のため、今後、高速道路6社(東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路㈱、阪神高速道路㈱及び本州四国連絡高速道路㈱)の対応が一層厳しくなることが予想されます。
カードのご利用には十分にご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

注意!!ETCコーポレートカードは手渡し精算ができません

 ETCコーポレートカード(緑色の車番限定カード)は手渡し走行ができません。
ETCコーポレートカードは「ETCレーンを無線通行して通行料金を精算する」ことが条件です。ただし、ETCレーンの故障や点検などで使用できない場合は料金所係員の指示に従って、手渡しで清算を行ってください。その際は必ず、車両に車載器が搭載されており、ETCコーポレートカードで処理していただくよう、係員にお伝えください。ETCコーポレートカードで処理せずに手渡し走行された場合、大口・多頻度割引が適用されません。請求書では「割引が適用されていない」表記になっています。十分にご注意ください。





 ページトップ・メニューへ



特集 : NEXCO新時代到来!ETCだけでなく組合新時代へ≪組合2.0!≫

如月の中の熱い波

2月は1年で最も寒い時期です。和名の如月は「着物をさらに着る」を語源にしているとも言われています。このような時期ですが、高速道路は今がとても熱い。大きな変革期を迎えているのです。「ETC2.0」の波 です。

NEXCO新時代~ETC2.0の波に乗り新時代へ

2017年1月1日より、ETCコーポレートカードの割引である大口・多頻度割引について、NEXCO 管轄部分の割引が変更となりました。「次世代ETC2.0」車載器搭載車に限定してNEXCO 管轄の高速道路割引を維持し「従来型ETC」搭載車に関しては割引を変更するというもの。
すでに2016年4月から、ETC 2.0搭載車両に限り、一般有料道路である京葉道路及び東京湾アクアライン以外に圏央道、新湘南バイパスの走行が大口・多頻度割引の対象となりました。また、首都圏の高速道路料金についても「都心を通過する交通の分散」「起終点を基本とした継ぎ目のない料金の実現」を目的として新料金となりました。
高速道路が新しい形態へ変化しているのです。

首都圏~圏央道全線開通による物流改革

その中で注目されるのが圏央道(首都圏中央連絡自動車道)。今までは個別に整備されたため区間により料金体系が異なっていました。そのため「圏央道の西側区間は割高」という結果となり、走行を避ける利用者が多くなっていたのです。
今回の料金体系では大都市近郊区間の料金水準に設定し、さらにETC 2.0車載器搭載車を対象に特別割引が適用されることになりました。新料金は首都高速の長距離を値上げ、圏央道を値下げし高速道路のネットワーク環境を進めることが目的です。
その結果、新料金体系を導入した首都圏の高速道路で渋滞緩和に一定の効果が出ていることがわかりました。首都高速では都心を通過する車の台数が11%減少。特に都心を経由して東名高速道路と東北自動車道を結ぶルートの利用は半減しています。
一方で、新料金体系でおおむね値下げとなった圏央道は、1日あたりの利用台数が30%増加しています。都心を通過するルートから外側の環状道路への転換が進んでいるのです。
圏央道沿線は、都心を経由せずに長距離移動ができることや、土地の入手コストが安く抑えられ、事業用地が確保しやすいなど、事業者にとって多くの魅力があります。平成26年の工場立地動向調査では、茨城県が全国1位となるなど、圏央道沿線に、商業、工業、物流などの大規模開発計画が進行しています。

阪神圏~阪神高速距離制導入による新たな料金体系

前回の未来情報局でもお伝えしましたが、国土交通省は近畿圏の新たな高速道路料金案を発表しました。
阪神高速や均一制の近畿道・阪和道(吹田JCT~松原JCT~岸和田和泉IC)、西名阪道(天理IC~松原JCT)などの通行料金が36.6円/1km(普通車)の距離制に整理、統一。阪神高速は、普通車が現在の510~930円から300~1300円になります。車種は、阪神高速の「普通車」と「大型車」の現行2区分を、NEXCO西日本の「軽自動車等」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5区分に統一するとのこと。道路管理も整理され、路線によっては無料開放も検討されています。また、一部区間では、発着地が同じならどのルートを通っても同じ料金となり、交通の分散を促進します。
新料金案は今後、地方自治体の同意を得たうえで、2017年度の早い時期に導入される予定です(管理移管を除く)。

注意!!ETCコーポレートカードは手渡し精算ができません

 ETCコーポレートカード(緑色の車番限定カード)は手渡し走行ができません。
ETCコーポレートカードは「ETCレーンを無線通行して通行料金を精算する」ことが条件です。ただし、ETCレーンの故障や点検などで使用できない場合は料金所係員の指示に従って、手渡しで清算を行ってください。その際は必ず、車両に車載器が搭載されており、ETCコーポレートカードで処理していただくよう、係員にお伝えください。ETCコーポレートカードで処理せずに手渡し走行された場合、大口・多頻度割引が適用されません。請求書では「割引が適用されていない」表記になっています。十分にご注意ください。





 ページトップ・メニューへ



新しい年を迎えて1ヶ月ほどが経ちました。年末年始は穏やかな天気の地域が多かったと思いますが、1月中旬から寒気の影響で日本全国に雪の影響が出ています。組合員様の地域で大きな被害がないことを祈るばかりです。

表か裏か 

年頭に昨年の世界の動きを振り返り、こんなことを考えました。
表という字を調べると「物の二つの面のうち、主だったほう」とのこと。
では「主だったほう」とは何なのか?突き詰めていくとわからなくなります。
そう。表と裏が入れ替わる。今は、全てがひっくり返り新しい価値観が生まれようとしている、そんな時代なのです。
強い信念を持ちながらもとらわれない自由な心で2017年を形作っていかなければなりません。2017年が皆様にとって情熱的な年となりますよう心より願っております。


ETCコーポレートカード、NEXCO管轄部分の新割引スタート

以前より本情報でお伝えしてまいりましたが、ETCコーポレートカードの割引である大口・多頻度割引について、2017年1月1日よりNEXCO 管轄部分の割引が変更となりました。「次世代ETC2.0」車載器搭載車に限定してNEXCO 管轄の高速道路割引を維持し「従来型ETC」搭載車に関しては割引を変更するというもの。
高速道路が新しい形態へ変化を始めたのです。この変化に関連して2つの情報が入ってきました。


阪神高速、均一制廃止、近距離値下げ

国土交通省が近畿圏の新たな高速道路料金案を発表しました。阪神高速や均一区間の通行料金が整理・統一され、管理主体の移管により無料開放される区間もあります。
国土交通省は2016年12月16日(金)、近畿圏の新たな高速道路料金案を発表しました。阪神高速や均一制の近畿道・阪和道(吹田JCT~松原JCT~岸和田和泉IC)、西名阪道(天理IC~松原JCT)などの通行料金が36.6円/1km(普通車)の距離制に整理、統一。阪神高速は、普通車が現在の510~930円から300~1300円になります。車種は、阪神高速の「普通車」と「大型車」の現行2区分を、NEXCO西日本の「軽自動車等」「普通車」「中型車」「大型車」「特大車」の5区分に統一するとのこと。

路線によっては無料開放も

道路管理も整理されます。【無料開放】阪神高速8号京都線のうち、新十条通2.7km(山科出入口~鴨川東出入口)は京都市に移管した後、無料に。【移管】斜久世橋と油小路線7.4km(鴨川東出入口~巨椋池料金所)はNEXCO西日本に移管。【移管】大阪府道路公社の南阪奈有料道路(美原JCT~羽曳野IC)と堺泉北有料道路(堺JCT~助松JCT)もNEXCO西日本の路線になります。移管はいずれも2018年度以降の予定です。
また、一部区間では、発着地が同じならどのルートを通っても同じ料金となり、交通の分散を促進します。たとえば普通車で第二京阪・枚方学研IC(大阪府枚方市)から阪神高速の環状線まで走る場合、どのルートを通っても1610円です。
新料金案は今後、地方自治体の同意を得たうえで、2017年度の早い時期に導入される予定です(管理移管を除く)。

新料金案は値下げも値上げもある

阪神高速の新料金案は現行に比べ最低料金は安くなりますが、長距離は高くなります(図:国土交通省)。


東京外環自動車道の料金が均一制から対距離制に移行

東京外環自動車道の料金が2017年2月26日から変わります。ETCを利用する場合、均一制から対距離制に移行されます。首都高都心環状線内のインターチェンジ(IC)を発着し外環道を迂回する場合についても割引が調整されます。
ETCを搭載していない車両については均一制を継続します。ETC搭載車の最大料金である750円が1回につき適用されます。ただし和光ICや和光北ICから大泉JCTまでなど、一部区間の短距離利用は当面の間、510~670円となります。

東京外環道を迂回しても料金が同額

東北道や常磐道から都心に向かう場合、外環道を1区間、迂回利用しても、直行と同様の料金になるよう調整されます(図:NEXCO東日本)。

高速道路新時代が始まる

「次世代ETC2.0」の普及により、今後、高速道路は「利用するための道路」に変化していきます。ETC2.0 による従来とは違う詳細な料金体系。車両制限令違反など不正走行に対する管理。渋滞情報などの様々な情報提供。これらにより、日本全国へ広がる情報ネットワークとなっていくのです。




 ページトップ・メニューへ



年の暮れ 

2016年も残りわずか。12月の和名「師走」は諸説ありますが、最も有名なものは師匠が忙しく走りまわるという説です。では、他の説は?「年が果てる」意味の「年果つ」。「四季の果てる月」意味の「四極(しはつ)」。「一年の最後になし終える」意味の「為果つ」様々な12月があります。
慌ただしい年の暮れを、それぞれの感じ方で過ごしていただければと思います。



今年は夜明け前。2017年は新しい高速道路時代の夜明け。

2016年はETC2.0で始まり、ETC2.0で終わった年でした。今年最後の未来情報局は一年を振り返りながら、2017年の方向性を確認したいと思います。

首都圏及び全国の高速道路新料金

4月1日から首都圏及び全国の高速道路について新料金が実施。変更の目的は「都心を通過する交通の分散」でした。これは2020年のオリンピックへ向けて、首都圏の高速道路の渋滞対策のひとつなのです。

そもそもETC2.0とは何か?

ETC2.0とは、道路に設置されている装置「ITSスポット」と車両のカーナビや車載器との間で高速・大容量のデータ通信を行い、さまざまな道路交通情報をやり取りできるシステムです。
今までETCは利用料金の収受に使用していましたが、ETC 2.0ではさらに双方向通信が可能になります。道路上の事故情報や落下物の注意喚起、最新の渋滞情報を受けての最適ルートの提示、災害時の支援情報などが即座に受けられます。また、ETC以外の利用料金の収受も可能です。情報の双方向通信により、走行に関して必要な様々な情報を即座に受け取ることができます。

平成28年9月29日、NEXCOより大口・多頻度割引について発表

平成28年9月29日には、「東/中/西日本高速道路株式会社」(NEXCO)より組合NEXCO利用部分の割引原資である大口・多頻度割引についての発表がありました。平成28年12月末日をもって「次世代ETC2.0」車載器搭載車に限定してNEXCO管轄の高速道路割引を維持し、「従来型ETC」搭載車に関しては割引を変更する。
今後ETCコーポレートカードについては、ETC1.0(従来のETCシステム)とETC2.0とで適用される割引に差が生じます。高速道路の通行料金は「ETC 2.0車載器」搭載車を中心とした割引体系に移行します。

2017年の高速道路はどのように変わっていくのか?

ひとことで言えば「利用するための道路」になる。
ETC2.0により従来とは違う詳細な料金体系。車両制限令違反など不正走行に対する管理。渋滞情報などの様々な情報提供。これらにより、日本全国へ広がる情報ネットワークとなっていくのです。
以前より、「ETC2.0」に関する情報や現行の割引制度についてお伝えしましたが、2017年も国交省・NEXCOが一体となり次世代ETC2.0について2020年オリンピック開催年を目標に、その普及を強力に推進いたします。


注意!!ETCコーポレートカードの手渡し精算について

 ETCコーポレートカード(緑色の車番限定カード)は手渡し走行ができません。
ETCコーポレートカードは「ETCレーンを無線通行して通行料金を精算する」ことが条件です。
ただし、ETCレーンの故障や点検などで使用できない場合は料金所係員の指示に従って、手渡しで清算を行ってください。その際は必ず、ETCコーポレートカードのためETCカードで処理していただくよう、係員にお伝えください。
ETCコーポレートカードをETCカードで処理せずに手渡し走行された場合、大口・多頻度割引が適用されませんので、十分にご注意ください。



 ページトップ・メニューへ



霜月のころ 

11月の和名と言えば「霜月」が知られていますが、「神楽月」という異称をご存知ですか?
ちょうど11月頃に神楽が盛んに行われたので神楽月と呼ばれるようになったとのこと。
神々は、大きく変わろうとしている今の世界をどのようにご覧になっているのでしょうか?
私たちが騒がしくしている様を、舞楽のようだとお思いかもしれません。



コーポレートカード、ETC2.0車載器搭載車の割引拡充へ

平成28年9月29日、「東/中/西日本高速道路株式会社」(NEXCO)より組合NEXCO利用部分の割引原資である大口・多頻度割引についての発表がありました。
平成28年12月末日をもって「次世代ETC2.0」車載器搭載車に限定してNEXCO管轄の高速道路割引を維持し、「従来型ETC」搭載車に関しては割引を変更する。
以前より情報誌等において「ETC2.0」に関する情報提供や、現行の割引制度維持の為にNEXCO本体とも様々折衝を重ねて参りました。その中で、国交省・NEXCOが一体となり次世代ETC2.0について2020年オリンピック開催年を目標に、その普及を強力に推進することになり、当然弊社もNEXCOコーポレートカードを推進する以上、二人三脚にて普及を行うことになりました。
なお、この発表は、あくまでNEXCO対象の高速道路に対してであり、首都高速・阪神高速・名古屋高速・平日朝夕割引のご利用は今まで通りです。


阪神高速道路の車両不一致走行に対する割引停止措置

平成28年10月1日より、ETCコーポレートカードに表示された車両以外で阪神高速道路を利用された場合、大口・多頻度割引制度を適用しない運用をする。旨、阪神高速道路(株)より発表がありました。この度お送りした2016年10月ご利用分請求明細で適用されています。
今後はNEXCO管轄の高速道路だけでなく、阪神高速道路についても車両不一致走行に対して割引停止措置が適用されます。なお、不正走行、不適当行為並びにカード不正貸与等についても同様に割引を適用しない場合がありますのでご留意ください。詳細につきましては、下記の通りとなります。
● 対象道路:阪神高速道路(阪神圏)(京都圏)
● 施行日:平成28年10月1日
● 変更内容:ETCコーポレートカードに表示された車両以外で阪神高速道路を利用された場合、「車両不一致」走行として、大口・多頻度割引制度を適用しない。

ETCカードの適正な利用のため、今後、高速道路6社(東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路㈱、阪神高速道路㈱及び本州四国連絡高速道路㈱)の対応が一層厳しくなることが予想されます。
カードのご利用には十分にご注意いただきますよう、お願い申し上げます。


車両制限令違反、首都高速で初の告発 

車両制限令違反者に対する割引停止措置変更についての続報です。首都高速道路は車両制限令違反が常態化していた企業を神奈川県警に告発しました。この違反は、高速湾岸線西行き東扇島料金所において、料金所施設へ接触事故を起こしたことから発覚しました。同社は今までも道路法違反が多く確認されており、繰り返し改善指導を行いましたが、改善するどころか違反が常態化していたとのこと。
車両制限令違反は、道路に大きな損傷を与えたり、事故の際には重大な結果を招いたりする危険性があります。
高速道路6 社(東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路㈱、阪神高速道路㈱及び本州四国連絡高速道路㈱)が今後厳正な取り締まりを行うための第一歩と言えるでしょう。




次世代ETC2.0について


■ETC2.0とは何ですか?

ETC2.0とは、道路に設置されている装置「ITSスポット」と車両のカーナビや車載器との間で高速・大容量のデータ通信を行い、さまざまな道路交通情報をやり取りできるシステムです。


 

■ETC2.0で何が変わるのですか?

今までETCは利用料金の収受に使用していましたが、ETC2.0ではさらに双方向通信が可能です。道路上の事故情報や落下物の注意喚起、最新の渋滞情報を受けての最適ルートの提示、災害時の支援情報などが即座に受けられます。また、ETC以外の利用料金の収受も可能です。


■ETC2.0でどんなメリットがあるのですか?

情報の双方向通信により、走行に関して必要な様々な情報を即座に受け取ることができます。また、圏央道を利用するETC2.0車載器搭載車に対して割引拡充が適用されます。特にETCコーポレートカードを利用する場合、圏央道が大口・多頻度割引の対象となります(今までは割引対象外)。さらに、今後ETCコーポレートカードについては、ETC1.0(従来のETCシステム)とETC2.0とで適用される割引に差が生じます。


■高速道路はETC2.0の時代に変わるのですか?

高速道路の通行料金は「ETC2.0車載器」搭載車を中心とした割引体系に移行します。実際に、大口・多頻度割引については、平成29年1月1日より割引率が変更となり、「ETC1.0(従来のETCシステム)とETC2.0とで適用される割引に差が生じます。


■ETC2.0はどれくらい普及していますか?

ETC2.0の波は首都圏から始まっており、近畿圏(阪神高速)や中京圏(名古屋高速)、福岡都市高速などの地方部へ広がっていくよう準備が進められています。


■ETC2.0を利用するには?

ETC2.0のサービスを受けるには「ETC2.0対応ETC車載器」を利用する必要があります。すでにメーカーから対応車載器が発売されておりますが、「ETC2.0」のセットアップ登録店でセットアップをする必要があります。


 ページトップ・メニューへ



「あれ?ETCが反応しない!」未精算でETCレーンを突破してしまった。

ETCレーンの主なトラブルの原因は ①ETCカードの未挿入や期限切れ、②非ETC車のETCレーンへの誤進入、③ETCカードの読み取りエラーなどです。
ETCレーンでのトラブルはひとつ間違えば大事故につながります。必ず次の対応をお願いいたします。

高速道路内のレーンの近くで車を停車させないでください。
 高速道路内でつい車を止めてしまう方がいらっしゃいます。しかし、追突事故につながる可能性があり大変危険な行為です。
ご面倒ですが、通行した道路会社へご自身で連絡し、通行料金の未精算について報告してください。
 これは組合が代行して対応できないことですので、お忘れのないようにお願い致します。報告内容は次の通りです。
①通行した料金所・通行した路線 ②通行日時 ③車両番号 ④カード番号・期限
⑤車種・車両の色 ⑥カード利用者名(個人名・会社名)

高速道路の出口料金所がある場合は一般レーンの係員に内容について報告すれば、対応をしていただけます。
 出口に料金所がない場合、または高速道路を出てしまった場合は各道路へお電話して報告してください。


 主な道路会社のお問合せ先は次の通りです。
● 首都高速ETCコールセンター・・・TEL.03-6667-5859
● 阪神高速お客様センター・・・TEL.06-6576-1484
● NEXCO東日本お客さまセンター・・・TEL.0570-024-024
● NEXCO東日本お客さまセンター・・・(PHS,IP) TEL.03-5338-7524
● NEXCO中日本お客さまセンター・・・TEL.0120-922-229
● NEXCO中日本お客さまセンター・・・(PHS,IP) TEL.052-223-0333
● NEXCO西日本お客さまセンター・・・TEL.0120-924-863
● NEXCO西日本お客さまセンター・・・(PHS,IP) TEL.06-6876-9031
● 本州四国連絡高速道路株式会社 お客さま窓口・・・TEL.078-291-1033
● 神戸市道路公社・・・TEL. 078-583-0234
● 名古屋高速道路公社 名古屋高速お客様センター・・・TEL.052-919-3200
● 愛知県道路公社・・・TEL.052-961-1621
● 広島高速道路公社 お問い合わせ窓口・・・TEL.082-250-1181
● 福岡北九州高速道路公社(福岡)・・・TEL.092-631-0122
● 福岡北九州高速道路公社(北九州)・・・TEL.093-922-6811
 通行料金未払いのまま放置されると「不正通行」となる場合がありますので、くれぐれもご注意ください。


【編集後記】

組合本部がある福岡市は11月13日の福岡マラソンへ向けて多くの方が日々トレーニングをされています。42.195kmという道のりを走る時、ランナーは何を思いながら感じながら進むのでしょうか。ひたむきにゴールを目指す姿にエネルギーをいただきながら、私も今日という日を一生懸命に過ごそうと思います。



 ページトップ・メニューへ



安全運転とストレス

「労働安全衛生法」が改正され、従業員50人以上の事業所では、2015年12月から毎年1回、ストレスチェック検査を全従業員(一部例外があります)に対して実施することが義務付けられました。これにより多くの企業がストレスについて考える機会が増えたと思います。
しかし、軽視されているのが「運転とストレス」の関係。世界的に開発が加速している自動運転車は、SF小説の話ではなく、私たちの生活に浸透していますが、私たち「人」についてはどうでしょうか? 自動車社会が始まった頃と何も変わっていません。自動車の性能と人の能力の差が広がれば、それだけ人に対する負荷が増加するのです。 実は、当組合と関わりが深いETCカード利用者についても、ETCレーンでの追突事故が多く発生しています。 そこで、今回の未来情報局は安全運転とストレスについて考えます。

■ストレスは必要?

自動車を安全に運転する際、危険を事前に察知したり、自らの誤操作を防いだりする必要があります。ここで重要になるのが適度なストレスです。しかし、ストレスが過度になるとヒヤリ・ハット※1 を起こしやすくなる、つまり事故の危険性が高まるのです。
ストレスの原因とヒヤリ・ハットの関係をまとめると次のことが言えます。

1. ストレス状態は運転行動に影響を与える。ストレスが高いとヒヤリ・ハットや事故が起こりやすくなる。
2. ストレスが高い状態での事故は、他の車両への側面衝突が多い。
3. ストレスが高い状態での事故は判断ミスを原因としている場合が多い。
4. ストレスが高い状態で事故を起こした人は、事故後に運転への拒否感や恐怖心を抱くケースが多い。

 ※1 重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見


■安全運転は運転前から始まっている。


安全運転のためには日頃から健康管理に注意しなければなりません。
運転中に眠くなった経験は、ほとんどのドライバーが経験していると思います。実は、高速道路を時速80kmで走行している場合、わずか3秒間居眠りするだけで約70mも進むのです。
普段から睡眠不足だと居眠り運転をしやすい傾向がみられます。厚生労働省の調査では、普段の睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上睡眠をとっている人と比較すると「居眠り運転」が3倍以上も多く、事故の一歩手前の「ヒヤリ・ハット体験」も2.5倍になることが報告されています。


■運転で体が変化する?


運転することが、私たちの健康に影響を及ぼすことがあります。運転席へ座りハンドルを握ると誰でも少し緊張しますが、その際に血圧が上昇することをご存知ですか?主な原因は緊張からのストレスです。高血圧の方はもちろんですが、血圧が正常の方でも運転時には高血圧状態になりやすくなるのです。高速道路での運転や無理な追い越しなどの運転は、血圧上昇の原因になりやすいので特に注意が必要です。ある調査では、運転を始めてから100分程度までは、走行している自らの環境に適応するために脈拍などの心身機能が高まりやすいこともわかっています。
また、運転中は神経が過敏になり、穏やかな性格の人でも怒りやすい精神状態になってしまいます。他の車の割り込みや追い越しに対して、すぐに感情的になるドライバーは少なくありません。このような怒りも血圧を急上昇させる原因の一つです。
血圧が高めの方や緊張しやすい方などは、次のことに注意する必要があります。

1. 日頃から血圧管理をしておく。
2. 運転中はこまめに休憩をとり、体を動かすなどしてストレス解消をする。
3. 自分に過度のストレスをかける危険運転をせず、譲る気持ちがあるゆとり運転をする。


■運転後にも注意を

実は運転中だけではなく運転後に心臓発作を起こす人が多いことがわかっています。その原因もストレスです。特に日頃から仕事や人間関係で慢性的ストレスがたまった状態にあると、運転がきっかけとなり、運転後の心臓発作などのリスクが高まると推測されているのです。こうしたことから、運転前にはストレスや疲れをためないように心がけることが大切です。


■組合員様の企業活動の充実、そして従業員皆様の充実

当組合は組合員様が安全円滑に車両を運行していただくだけでなく、組合員様の企業活動の充実・発展、そして従業員皆様の充実・発展をサポートすることが使命です。これからも情報力・分析力を駆使し、様々な提案をしてまいります。


■ETC2.0車載器の購入は「待ち時間」がない今!

今後、高速道路の通行料金は「ETC2.0車載器」搭載車を中心とした割引体系に移行していきます。さらに、ETCコーポレートカードについては、今後ETC1.0(従来のETCシステム)とETC2.0とで適用される割引に差が生じることが予想されます。それを受けて、組合ではETC2.0車載器の共同購買を実施し組合員様へ販売しております。ETC2.0の割引制度の整備が進めば、ETC2.0車載器の購入者が急増し品薄になる可能があります。そのため、ETC2.0車載器の購入は「待ち時間」がない今がチャンスです。詳細につきましては、組合事務局へお問合せください。



ETC2.0車載器購入助成キャンペーン

   ETCコーポレートカードご利用の方へ大切なお知らせです。

NEXCOがETC2.0車載器の普及促進を図るため、2015年12月18日以降に新たに購入し、セットアップ、取り付けたETC2.0車載器1台につき10,000円を助成します。期間は2017年3月31日まで、先着45万台に達した時点で終了となります。当組合員様については、通常の申請(追加、車両入替、車載器管理番号変更)の際にETC2.0車載器管理番号を届け出ていただければ助成対象となります。


 ページトップ・メニューへ



「今年の夏は暑い!」毎年そういう会話をしているような気がします。が、今年は特に暑い。お盆を過ぎると朝晩は過ごしやすくなりますが、もうしばらく猛暑が続きそうです。そんな中、この夏はカード紛失・盗難、読取エラーが多数発生しております。忙しい中、カードトラブルが起きると、業務が滞り、会社全体に影響が及んでしまいます。

そこで、今回の未来情報局は 「ETCカード紛失・盗難・破損トラブル対処法」についてお伝えいたします。

カードの敵は熱・水・油 

気温が高い日が続く季節はETCカードの読み取りエラーに関する問い合わせが増えます。原因としてまず考えられるのが、 ICチップ(金色の部分)に水滴や油膜が付着して読み取りエラーになるケース。この場合、カード自体の破損ではありませんので、汚れを拭き取れば通常通り使用できます。柔らかい布(メガネ拭き)などでICチップ(金色の部分)を優しく拭いてください。  次に考えられるのが、 熱による破損。ETCカードは精密機械ですので、車内の高温下での保管はカードの変形や故障につながる可能性があります。ETCサービス開始時と比べるとカードの耐久性は増しましたが、熱による影響が大きいことに変わりありません。  そして最後に、ETCカードではなく車載器のトラブル。いくつかの車載器に挿入してみてカードが反応すれば車載器に問題がある可能性があります。どの車載器でもカードが反応しなければカードの破損の可能性があります。  再発行の際はETCカード再発行申込書(破損)をご提出ください。(再発行手数料がかかります。ご了承ください。)


ETCカードを紛失した、盗難にあった場合 


 下記の流れで手続きをお願いいたします。

①警察署(交番)等へ届け出

 盗難保守サービスにご加入の場合、サービス適用には 警察の届出受理番号が必要になります。

②ETCカード紛失・盗難届 兼 再発行申込書を組合事務局へご提出ください。

 警察の受付番号、カード番号、紛失・盗難状況をご記入(要代表者印)の上、至急、組合本部へFAXにてお送りください。
 原本は後日、組合本部まで必ずお送りください。


ETCコーポレートカードをご利用の場合、車両不一致防止のためETCカードを車載器に挿入した状態にされている方がいらっしゃるかと思います。今年の夏は連日猛暑が続きますので、状況に応じてカードの保管場所を変更されることをおすすめします。


ETCレーン走行時に未精算のまま突破したかも・・・


ETCカードの読み取りエラーでETCレーンの開閉バーが開かず、もしくは車載器が反応せず、未精算のまま突破した場合、必ず次の点にご注意ください。  一つ目。状況を確認するためにETCレーンの近くで車を停車させないでください。高速道路内でつい車を止めてしまう方がいらっしゃいます。追突事故につながる可能性があり大変危険な行為です。  二つ目。ご面倒ですが、通行した道路会社へご自身で連絡し、通行料金の未精算について報告してください。これは組合が代行して対応できないことですので、お忘れのないようにお願いいたします。報告内容は次の通りです。  ①通行した料金所・通行した路線 ②通行日時 ③車両番号 ④カード番号・期限 ⑤車種・車両の色 ⑥カード利用者名(個人名・会社名)

 主な道路会社のお問合せ先は次の通りです。お掛け間違いのないようお願いいたします。


● 首都高速 ETCコールセンター・・・TEL.03-6667-5859

● 阪神高速お客様センター・・・TEL.06-6576-1484

● NEXCO東日本お客さまセンター・・・TEL.0570-024-024 (PHS,IP)TEL.03-5338-7524

● NEXCO中日本お客さまセンター・・・TEL.0120-922-229 (PHS,IP)TEL.052-223-0333

● NEXCO西日本お客さまセンター・・・TEL.0120-924-863 (PHS,IP)TEL.06-6876-9031

● 本州四国連絡高速道路株式会社 お客さま窓口・・・TEL.078-291-1033

● 神戸市道路公社・・・TEL.078-583-0234

● 名古屋高速道路公社 名古屋高速お客様センター・・・TEL.052-919-3200

● 愛知県道路公社・・・TEL.052-961-1621

● 広島高速道路公社 お問い合わせ窓口・・・TEL.082-250-1181

● 福岡北九州高速道路公社(福岡)・・・TEL.092-631-0122 (北九州)TEL.093-922-6811


 通行料金未払いのまま放置されると「不正通行」となる場合がありますので、くれぐれもご注意ください。


ETCカード読み取りエラー対策の便利ツール

ETCカードが読み取りエラーになった。そんなときのためにぜひ知っておきたいのが「 ETC車載器のクリーナー」。ETCカードの汚れの落とし方は以前より当組合からお伝えしてきましたが、このクリーナーはカードではなく車載器内部の汚れを落とします。CDプレイヤーやカセットデッキのクリーナーといったらイメージできると思います。 カー用品店やインターネット通販で販売していますが、当組合でも組合員様に提供できるよう、現在準備しています。



ETCコーポレートカードご利用の方対象

  ETC2.0車載器購入助成キャンペーンのお知らせです。 NEXCOがETC2.0車載器の普及促進を図るため、2015年12月18日以降に新たに購入し、セットアップ、取り付けたETC2.0車載器1台につき10,000円を助成します。期間は2017年3月31日まで、先着45万台に達した時点で終了となります。当組合員様については、 通常の申請(追加、車両入替、車載器管理番号変更)の際にETC2.0車載器管理番号を届け出ていただければ助成対象となります。ETC車載器を変更されても変更の手続きをされない場合、車両不一致走行となります。くれぐれもご注意ください。


 ページトップ・メニューへ



高速道路6社、違反情報を共有 ~ 対応措置強化へ

高速道路6会社(東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路㈱、阪神高速道路㈱、本州四国連絡高速道路㈱)は平成28年10月より車両制限令※違反情報を共有すると発表しました。 つまり、高速道路6会社が管理するすべての道路における違反が合算される ことになります。高速道路6会社のどこであれ、違反を繰り返すと割引停止及び利用停止措置等が行われるのです。
この情報共有の流れは「車両不一致」走行、「速度超過」走行においても今後強化 されます。車両制限令は大型車両に対する措置ですが、車両不一致はETCコーポレートカードを利用される組合員様に起こりうることです。一時の違反走行が積み重なると重大なペナルティになる可能性がありますので、引き続き高速道路、ETCカードの適正なご利用をお願いいたします。

※車両制限令とは
道路の構造を保全し交通の危険を防止するため、道路を通行する車両の大きさや重さの最高限度(一般的制限値)を定めています。 一般的制限値を超過した車両(車両制限令違反車両)の通行は、道路に大きな損傷を与えたり、事故の際には重大な結果を招く危険性があります。


非登録型ETC利用照会サービス終了 

ETC利用照会サービスは登録型サービスへ集約し、非登録型は平成28年6月30日(木)をもってサービスを終了しました。今後は登録型サービスのみの提供となります。登録型サービスを利用するには事前にカード情報を登録しなければなりません。
登録内容は、①ETCカード番号、②過去のご利用年月日、③車載器管理番号、④車両番号です。これはセキュリティ・情報管理の面から、実際に走行した際の情報でなければなりません。つまり、ETCカードを利用する前に登録することはできないのです。ご不明な方は組合事務局へお問合せください。

アンケート結果から考える「データ活用」 


先月の未来情報局で当組合の請求書に関するアンケートへの協力をお願いいたしました。お忙しい中たくさんの組合員様からご回答をいただきました。誠にありがとうございます。今回はアンケート結果をふまえて、「データ活用」について考えようと思います。アンケート結果は下記のとおりです。

① 送付時期・・・・・・・・・・・・・・・63% 満足

② 請求書書式・・・・・・・・・・・・・・92% 現状希望

③ ペーパーレス化・・・・・・・・・・・・76% 必要と認識

④ 請求書明細ページ( 2ページ以降)・・・84% 使う

⑤ CSVデータ・・・・・・・・・・・・・52% 使う


多くの組合員様が当組合の請求書を活用していただいていることがわかりました。その中で7割以上の方がペーパーレス化について必要と認識されています。ペーパーレス化は環境面だけでなくコスト面からも重要性が高まっていますが、やみくもに推進すればいいというわけではありません。紙、データそれぞれの利点を活かさなければならないのです。

◎データ活用の必要性

2011年の資料になりますが、日本国民1人当たりの紙・板紙消費量は220kg。 世界トップクラスにランクインしています。紙の原料はパルプです。つまり木。 新芽から約20~30年育った木を年間約4本伐採していることになります。環境保護の観点からも不必要な紙の利用を削減する必要があります。しかし、あまりに急激な仕事環境の変化は結果的に社員の意欲低下につながり、仕事の効率を下げる可能性があります。従って、業務内容を十分に考慮して、文書として紙で保存するものと、データ保存するものを判断しながら推し進める必要があります。

◎データ活用の効果

データ活用というとコスト削減だけに目を奪われてしまいますが、効果はそれだけではありません。業務の効率化により生産性が向上し、さらにデータ化・統合化された情報は今まで以上に経営に活用することができるのです。当組合は組合員様の企業活動を支えるという意味においても「請求システム全般」の改善に努めてまいります。

◎データ活用から業務の見直しを考える

文書(紙)を利用していた業務に対してデータ活用を検討する場合、業務全体の見直しが必要となります。流れや他業務との関連などを考えると、どうしてもデータ化できない部分があります。しかし、見直すことで業務全体が整理され、結果的に効率化を図れる場合もあるのです。このように当組合はETCカードだけでなく、組合員様の企業活動の支援をしたいと考えております。組合員様の良き伴走者となれましたら幸いです。



ETCコーポレートカードご利用の方対象

  ETC2.0車載器購入助成キャンペーンのお知らせです。 NEXCOがETC2.0車載器の普及促進を図るため、2015年12月18日以降に新たに購入し、セットアップ、取り付けたETC2.0車載器1台につき10,000円を助成します。期間は2017年3月31日まで、先着45万台に達した時点で終了となります。当組合員様については、 通常の申請(追加、車両入替、車載器管理番号変更)の際にETC2.0車載器管理番号を届け出ていただければ助成対象となります。ETC車載器を変更されても変更の手続きをされない場合、車両不一致走行となります。くれぐれもご注意ください。


 ページトップ・メニューへ




首都圏の高速道路、新料金体系の効果は

4月から新料金体系を導入した首都圏の高速道路で、渋滞緩和に一定の効果が出ていることがわかりました。新料金は首都高速の長距離を値上げ、圏央道を値下げし高速道路のネットワーク環境を進めることが目的です。
その結果、首都高速では都心を通過する車の台数が11%減少。特に都心を経由して東名高速道路と東北自動車道を結ぶルートの利用は半減しています。
一方で、新料金体系でおおむね値下げとなった圏央道は、1日あたりの利用台数は30%増加しています。都心を通過するルートから外側の環状道路への転換が進んでいるのです。
このような高速道路のネットワーク化にとって重要なのは走行状況データの活用です。数値として客観的に状況を把握することが、現状の課題を改善する手掛かりになるのです。


身近になったデータ分析 

高速道路だけでなく、私たちの生活もデータ分析が浸透してきました。たとえば・・・。
◎スイーツの売上だけを見ると不振に思えたがデータを分析すると「女性からの支持」がわかった。
◎自動販売機の販売実績データをもとに、消費者が飲まれている状況をつきとめ、ペットボトルの新しい形状を開発。
◎車両の走行データを分析し、事故多発地帯や急ブレーキが多いポイントを割り出して地図に反映。
IT技術が欠かせない今の生活には様々な「データ」が溢れています。データは活用しなければ何も生み出すことはできません。「売り上げを上げたい」「無駄なコストを削減したい」といった目的のもと、分析を進めることで可能性が生まれるのです。

重要データ、つまり請求データを活用する 


お客様にとって重要なデータの一つに請求データ(高速道路利用料金・通行明細データ)が挙げられます。高速道路利用料金・通行明細データは企業活動の状況を確認できる重要な情報です。それぞれの車両、またはETCカードの利用額、走行ルート、利用日など日ごろの企業活動を見直すために有効です。
企業の大切な資産である請求データを企業活動にもっと活用していただきたい。それが私どもの願いです。



ETCコーポレートカードご利用の方対象

  ETC2.0車載器購入助成キャンペーンのお知らせです。 NEXCOがETC2.0車載器の普及促進を図るため、2015年12月18日以降に新たに購入し、セットアップ、取り付けたETC2.0車載器1台につき10,000円を助成します。期間は2017年3月31日まで、先着45万台に達した時点で終了となります。当組合員様については、 通常の申請(追加、車両入替、車載器管理番号変更)の際にETC2.0車載器管理番号を届け出ていただければ助成対象となります。ETC車載器を変更されても変更の手続きをされない場合、車両不一致走行となります。くれぐれもご注意ください。



 ページトップ・メニューへ




平成28年 熊本地震のお見舞い

平成28年4月14日以降に熊本県をはじめとする九州地方で発生した地震に被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り申し上げます。
この度の地震により、九州内の高速道路が損壊し通行止めになったため物流関係に多大な影響が出ております。
当組合の本部がある福岡市は通常業務を行っておりますが、高速道路の被害によりNEXCO西日本のETCコーポレートカード発行業務に影響が出ることが予想されます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


高速道路を走行中に地震を感じたら 

今回の九州地方の地震に限らず、日本各地で地震が頻発しています。地震は私たちの心に大きな傷を残すだけでなく、暮らし全体を停滞させます。特に現在はライフスタイルが多様化しているため、地震の被害に合う状況は人によりさまざまです。そこで今回の未来情報局は「高速道路を走行中に地震を感じた場合」の対処法について特集します。



停車~予防措置~車を離れるとき 


まず最も重要なのが安全に停車すること。急ブレーキをかけず、ゆっくり減速し、落ち着いて左側路肩に停車してエンジンを止めましょう。その際に大きなのり面(盛土によってつくられた人工的傾斜面)下、トンネル出入口付近は、震度によっては崩落の恐れがありますので、できるだけ避けて停車しましょう。
高速道路は震度5弱以上で通行止めとなります。本線車道は緊急車両が通行するため、エンジンを止めたらハザードランプをつけ、停止表示板を後方から進行してくる車から見えやすい位置に置きましょう。
車を離れる際はエンジンを切り、窓ガラスを閉め、ドアはロックせずキーはつけたままにしておきます。救護活動や事後処理に支障をきたす場合は車を移動させることがあります。貴重品などは車内に残さないようにしましょう。


組合からのお知らせ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ETCカード年間取扱手数料・年間カード保守サービス料について

毎年4月1日時点でお持ちのETCカードについて年間取扱手数料(コーポレートカードのみ)・年間カード盗難保守サービス料(加入者のみ)を請求させていただきます。(昨年は5月ご利用分で請求致しましたが、組合員様のご要望があり本年は4月ご利用分で請求予定です)。


ETCカード新担当者様必見!! ETCカード手続きマニュアル

 ETCカードの手続き(追加・変更など)につきましては、平素よりご協力いただきありがとうございます。この春にETCカードの担当になられた方に『ETCカード手続きマニュアル』を作成しております。別紙にまとめておりますので、ぜひご利用ください。

2016年4月からの大口・多頻度割引について 

 ETCコーポレートカード大口・多頻度割引について、車両単位割引の最大割引率を拡充する激変緩和措置はETC2.0搭載車両に限り、2017年3月末まで1年間延長となりました。なお、経過措置として2016年4月1日以降一定期間は、従来のETC搭載車にも適用しております。一般有料道路においてもETC2.0搭載車両に限り、京葉道路及び東京湾アクアライン以外に圏央道、新湘南バイパスも合わせて大口・多頻度割引の対象となっております。





ETCコーポレートカードご利用の方対象

  ETC2.0車載器購入助成キャンペーンのお知らせです。 NEXCOがETC2.0車載器の普及促進を図るため、2015年12月18日以降に新たに購入し、セットアップ、取り付けたETC2.0車載器1台につき10,000円を助成します。期間は2017年3月31日まで、先着45万台に達した時点で終了となります。当組合員様については、 通常の申請(追加、車両入替、車載器管理番号変更)の際にETC2.0車載器管理番号を届け出ていただければ助成対象となります。ETC車載器を変更されても変更の手続きをされない場合、車両不一致走行となります。くれぐれもご注意ください。


ETC2.0車載器販売開始 

4月より変更となった新たな大口・多頻度割引は、ETC2.0の普及促進を背景に
ETC2.0車載器搭載の車両に有利な割引となりました。
これを受けまして、組合ではETC2.0車載器の共同購買を実施し、組合員様への販売を開始します。
これからETC車載器をご購入予定の方は、ぜひ当組合からのご購入をご検討ください。
詳細につきましては、同封の『ETC2.0車載器購入予約申込書』をご覧ください。




 ページトップ・メニューへ