ガソリン関連 新着情報




■ ガソリン代は車内で決済…ホンダとVISAが共同開発

2017年1月6日


ホンダは1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、

VISAと共同開発中の「In-Vehicle Payment」システムを発表した。

In-Vehicle Paymentシステムは、ガソリンスタンドやコインパーキングなどで、

車に乗ったまま支払いを行うことができる技術として、開発が進められている。

ガソリンスタンドで使用する場合、車内ダッシュボード中央のモニターで、

給油量などが選択でき、画面上でカード決済ができるので、雨の日などわざわざ

外に出る必要がないといったもの。ほかにももっと活用の場が想定されます。



引用元:NEWテクノロジー

 ページトップ・メニューへ


■ JXエネルギー、2か月連続でガソリン卸価格を引き上げ 9月

2016年10月4日


JXエネルギーは9月30日、9月の石油製品卸価格の変動幅を公表した。

9月の月間平均卸価格は、4油種全国平均で前月と比べて1リットル当たり0.6円アップとなる見込み。


油種別ではガソリンが1.5円アップと、2か月連続の引き上げ。軽油と灯油、A重油は前月と

同価格となる見通し。



引用元:JXエネルギー ニュースリリース

 ページトップ・メニューへ


■ 燃料油の国内販売が10カ月連続マイナス_ガソリンなど低迷 7月

2016年9月6日


資源エネルギー庁が発表した7月の燃料油国内販売は、前年同月比2.2%減の1381万キロリットルと

10カ月連続マイナスとなった。

油種別にみると、軽油、A重油、B・C重油は前年を上回ったものの、ガソリン、ナフサ、ジェット燃料油、

灯油は前年割れとなった。



引用元:資源エネルギー庁

 ページトップ・メニューへ


■ レギュラーガソリン、10週ぶり値上がり…前週比0.5円高の122.2円

2016年8月31日


資源エネルギー庁が8月31日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、8月29日時点での

レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は前週の調査から0.5円値上がりし、122.2円となった。


レギュラーガソリンの値上がりは6月20日の調査以来、10週間ぶり。


地域別では、北海道で1.1円、東北で0.9円、関東で0.8円、中部で0.7円、中国で0.6円、

近畿と九州・沖縄で0.3円値上がり。四国では0.2円値を下げた。


ハイオクガソリンは前週比0.5円高の133.0円、軽油は0.2円高の102.2円だった。



引用元:資源エネルギー庁

 ページトップ・メニューへ


■ JXエネルギー。2カ月ぶりにガソリン卸価格を引き上げ 8月

2016年8月31日


JXエネルギーは、8月の石油製品卸価格の変動幅を公表した。

8月の月間平均卸価格は、4油種全国平均で前月と比べて1リットル当たり0.1円アップとなった。

油種別では、ガソリンが0.1円アップとなった。卸価格を引き上げたのは2カ月ぶりで、

軽油も0.2円アップと2カ月ぶりに上昇した。

灯油が0.2円アップ、A重油が0.2円アップと、4油種すべてが上昇した。



引用元:JXエネルギー

 ページトップ・メニューへ


■ 「セルフSS出店状況調査」(平成28年3月末)

2016年8月3日


「セルフSS出店状況調査」(平成28年3月末)の調査結果を「資料・刊行物」コーナーの「石油情報センター調査報告書他」に掲載しました。

尚、次回は平成28年9月末調査結果を同年12月末頃に掲載予定です。



引用元:石油情報センター

 ページトップ・メニューへ




  新着情報



  アーカイブ